今週の彼女24 キャバ嬢の彼女との久しぶりの再会と失敗 

今週の彼女

おはよう

毎日は、今日もこの一言から始まる

前回はこちら

おはよう

   おはよう

   今日は何時から会える?

と彼女にLineを送る

返信が無い

昨日の電話で怒っている・・・かな。。。

ただ、今日はどうしても会いたい

会いたい・・・

時間を潰す

おそらく彼女が会える時間はいつもの通りの時間だろうし

それまで時間を潰す・・・

酒を飲んで、ちょっと横になって眠る

それでもまだ連絡がこない・・・

友達に連絡する

散歩する

・・・・

まだ連絡がこない。。。

もう夕方だ・・・

連絡

   7時くらい?

と連絡を入れる

相変わらず返信が無い・・・

はぁ・・・

まぁ仕事中かな?

もう少し待っていようかな・・・

・・・・・

・・・・

待っている時間って長い。。。

  何時がいいの?

!!!!!

返信キター!!!

    もう駅にいるよ

  早すぎる

    何時ならいいの?

    時間潰しておくよ

彼女は急いでくれていた

が、自分は・・・

時間を潰すために髪を切って

彼女に会う前に身だしなみを整えておきたかった・・・

なので、彼女を無駄に急がせてしまっていたんだ・・

コミュニケーションがちゃんと取れていない。。。

・・・・・・・

・・・・・

後悔・・・

あーーーーー????

髪を切る??

昼間やっとけよ!!!

暇で暇で時間潰してたじゃん!!!!

後の祭り・・・・

再会

    美容院今おわったから向かうね

  もうついてるよ!

彼女のお店に向かう

急いで向かう

早く会いたい

!!!!!

あ!

目と目が合う

彼女だ!

路上でばったり

髪の色が違う

落ち着いている

アッシュ系から染めたんだ

かわいい・・・

一瞬でわかる

ここまで1秒もたっていない

2カ月ぶりの彼女がそこにいる

もどかしさ

    あ、おう

  あ、うん

この二人は何しているんだ・・・

知らない人は思ったに違いない・・・

    あ、えと

  うん?

    あ、ちょっと時間潰していくね!

  うん!

俺はいったい・・・

何を言っているんだ・・・・・

そのまま一緒に彼女とお店に行けばいいじゃないか・・・・

恥ずかしい??

何が???

そうとう挙動不審だ・・・

久々に会って、緊張している・・・

付き合って十数年たっているというのに。。。

安堵と怒り

彼女は元気だった

元気でいてくれた

いつもの通りだ

安心感が自分を覆う

そしてそのあと・・・

怒りが出てくる

なぜ連絡をしてくれなかったのか・・・

・・・・

注意書きです

ここから先は書くのも恥ずかしい内容なんです。。。

あまりにも身勝手な自分がいます・・・

なので、気分が悪くなるかも知れません。。。

最悪の醜態です

それでもよろしければ

この後をご覧ください・・・

・・・・・

・・・

・・

自分勝手

彼女と話したい

二人で話したい

やっと会えた彼女・・・

けれどここはキャバクラ

彼女はキャバ嬢だ

俺は何をしているんだ・・・

髪切っている場合じゃなかったんだよ。。。

彼女は自分と二人の時間を作ってくれていたのに・・・

そんなことは

この時は考えることも出来ず

何故か二人にしてくれない

ねえさん・・・

というか、、、

いつも優しいし、助かるんだけど

あぁ、今は彼女と二人にしてほしい・・・

冷静ではいられない自分・・・

イライラが膨張していく・・・・

ぎこちない会話

けれど、聞かないと。。。

    あのさ

    なんで連絡くれなかったの?

  休んでたし

  ケータイみるものいやだったし

  体調も悪かったの

    お店にこないから連絡くれないのかと思った

  いったでしょ?

  ケータイ見るのもやめてたの

  体調も悪かったの

    体調、悪かったんだ・・・

    今はもう大丈夫なの?

  うん、今は大丈夫

     良かった・・・

    どこが悪かったの?病院は??

  気持ち悪かったの

  でも今は大丈夫

  それに、ほとんど休んでた

最悪な方向へ

    返信くれないなら、もうLineするのもやめようかと思った

  は?

  今日、何を話にきたの?

  もう連絡しないって言いにきたの?

    違う、そうじゃないよ

  じゃぁ何?

    会いたかった

    元気でいるか心配だった

    どうして連絡くれないのかわからなかったから

  私も、あなたが元気そうで良かった

こんなはずじゃ無かったのに・・・

最悪の雰囲気だ・・・

しばしの休戦

雰囲気を察したねえさんがトイレに立つ

  ね、どうするの?

    どうするって何?

  楽しくするの?

  それとも・・・

    ・・・楽しくしよう

  それがいいね

    あ、あれ好きだったよね?

    あのワイン

  あ、うん!

彼女の好きなバローロを入れる

少しは機嫌が良くなった?

いつの間にか自分の周りには

他の嬢たちが・・・・

ファミチキ

あれ、

いつのまに・・・

魔王

みんな楽しそうにしている

というか・・・

自分以外で会話が進んでいる

けれど

まぁ、彼女が楽しそうだし

良いかな・・・

二人になりたいな・・・

そして

時間が過ぎていく・・・

悪魔の降臨

酔っている

最悪に酔っていた・・・

このあと、彼女たちが飲みに行く?

え?

お世話になっているお店で?

バースデー?

なんで・・・

なんで?

自分がきたのに?

今自分がここにいるのに?

いつのまにか

声をあげて怒っている自分がいる

彼女をなじる

最悪だ・・・

冷静さを失うどころか

自分を失っている

何を言っているのか

この男はわかっていない・・・

ただただ

1分1秒でも長く

彼女と一緒にいたいと

ダダをこねている

みっともない酔っ払いだ・・・

冷静に考えれば

こんな馬鹿なことで怒っている自分なんてありえない

普通じゃない

こんな、どうでもいいことで・・・

そして・・・

続きはこちら

タイトルとURLをコピーしました