くものいと

くものいと

つかれ

もう

何年たった?

何年分の

懺悔が必要なんだ・・・

右肩をなにかの刃で貫かれている痛み

痛くてしかたない

けれど

病院で検査しても

どこにも異常は見つからない・・・

かなりの長い期間を

痛みとともに過ごす

かつての自分の無意識に

その根源を見つけることが

必要なのか?

懺悔の日々

なんの因果なのか

自分が何をしたというのか

そんなことを考えても

現実はかわらない

痛みが無くなることもない

何を悔い改めればいいのか・・・

とはいうものの

毎日が

間違いだらけだ・・・

今日もクタクタだ。。。

やっと仕事が終わった。。。

精神も肉体も

疲れ果てたよ・・・・

くも

改札から出て

電車の乗り換えだ

通勤だけでも労働だな・・・

この電車にのれば

あと少しだ・・・

そんな

仕事帰りの電車のなか

くもがいる

・・・・・

・・・

そんなところにいるわけが無い

これだけの人が乗っている電車の車内・・・

白い透き通った大きなくも・・・

驚きもせず

自分はその状況を受け入れている

誰も気が付いていないようだ・・・

気がついたら

パニックだ

けれど

何故か

自分は冷静だ

夢を見ているのかな?

いや

間違いなく

ここは仕事帰りの電車の中だ・・・

白い糸

くもが糸を垂らしてくる

白い糸

するすると

肩の「あな」から体にはいってくる

その状況になっても

自分は不思議と受け入れた

怖さや、恐ろしさ

そういった感情が

抜け落ちたように

受け入れていた・・・

なぜ、安心していたのか・・・

光り輝く

そのくも

そこから出てくる

白く美しい糸

自分のからだに向かって伸びてきて

ただ、

その現実

誰にも見えていないその世界

肉眼ではみえてないその世界

・・・・

・・

疲れが過ぎていて

おかしくなったのかな?

そのままを受け入れた

恐れや

痛みや

まして喜びや

そういった

感情はなかった

感覚すら・・・

タイトルとURLをコピーしました