キャバ嬢と本気で付き合うための5カ条! 出会い編

彼女のこと

さて・・・

今まで彼女とのことをいろいろと書いてきました

彼女の職業はキャバ嬢です

そして自分と彼女の出会いはキャバクラです

そんな二人の付き合い

自分の経験をもとに

キャバ嬢と付き合うということを

書いてみますね

自分自身に素直になる

キャバ嬢と本気で付き合うためには①

自分の気持ちに素直になる!

まさか自分が

キャバ嬢を好きになるなんて・・・

水商売の人を好きになるわけがない!!

って思っていましたよ・・・

ただ、こう考えている時点で

すでに惚れていたんですね・・・

こんな自分の感情は

自分自身を偽っていて

時間がもったいなかったな・・・

遠回りしちゃったな・・・

って過去を思い出します。。。

キャバ嬢も女性

キャバ嬢と本気で付き合うためには

一人の女性として接すること!

キャバ嬢を好きになる・・・

すると、お店に通うようにきっとなりますね・・・

お酒を飲んで、接客してもらうわけです。。。

そこでは圧倒的にお客さんの立場が上なわけです・・・

ここで勘違いしないことです!

好きになった相手は、仕事をしているだけです。

仕事をしているキャバ嬢ではなく

一人の女性として、接してあげること!

これが出来なければ

ずーーーとお客さんですよ~!

そういうお客さん、たくさん見ています・・・

ゆっくりと!

キャバ嬢と本気で付き合うためには

余裕をもって、ゆっくりと!

しつこいのは嫌われますよ!

さて、すこしずつ仲良くなってきたとしましょう

でも、まだ付き合っているわけではない・・

お客さんですね~

そんなに簡単に付き合えませんよ!

お客さんから彼氏になるのは大変なんですよ!

なにせ相手には何人も言い寄ってくる男がいるわけです

お金を払って会いに来てくれる男が・・・

まぁ、それが仕事ですから

それが出来なければキャバ嬢なんてできません・・・

なので、時間をかけて、ゆっくりと・・・ですよ!

昔むか~しの

初めて人を好きになって

告白するまでにかかった時間を思い出してくださいね

キャバ嬢だから、すぐ!

なんてだめですよ~

無茶言わない・・

キャバ嬢と本気で付き合うためには

仕事を辞めて付き合ってくれ!

は無茶です・・・

仲良くなったから

キャバ嬢辞めて、俺と付き合ってくれ!!

くれぐれも、こんな告白はしないように・・・

まぁ、売れっ子じゃなければもしかして・・・

ですが、彼女や彼女の友達のキャストさんたちも

これで付き合った人はいませんね・・・

だって・・・

あなた、いくらつかってくれてるの?

それで生活できると思ってるの?

仕事辞めてまでどうしてあなたと付き合わなきゃいけないの?

自爆間違え無し!!

の魔法の言葉です!!!

そして陰で笑われます

はい、笑いましたすみません・・・

しかしあまりにも無謀です・・・

そして、お客さんとしてドツボにはめられます・・・

がんばってください・・・かわいそうに・・・

そんなお客さん・・・しょっちゅう見ています・・・

彼女たちには

  また!?うざ!!

って思われるだけです!

しつこくしない!

キャバ嬢と本気で付き合うためには

フラれたらきっぱりあきらめる!

告白するまで

どれくらいの時間をかけますか?

自分の場合は・・・

出会ってから2年くらいです(かなぁ~)

それでも、すぐに

イエス

は、もらえませんでした。。。

そりゃ、本気で好きだったので・・・

ノーじゃなかったけれど

優しいから、そういう言い方なんだろう・・・

と、かなりショックでしたね。。。

詳細はこちら・・・

それで、ですね・・・

いるんです

しつこい人・・・

はっきり言って嫌われていますよ~!!

ストーカー行為をして

好きになってもらえると勘違いしている人もいます

迷惑以外の何物でもないです

というか、犯罪です!・・・

ラれたらスパッとあきらめて

次の人にいきましょう!!!

そのほうが、あとあと良いことあります!

これ経験談です!!

最後に

彼女を通して、いろんなキャストさんと話しましたが

残念ながら・・・

彼氏いないキャストさんの方が少ないですね・・・

まぁ、モテますし・・・

無理せず自分に正直に!

がいいですよ~!

もし、大好きなその人に

イエス

の答えをもらえたら・・・

そこから地獄の始まりです!

あ、嘘です、すみません、、、

幸せの始まりです~~~~!!!

そんな彼女とのお付き合いが始まったら・・・

読んでみてくださいね!

キャバ嬢の彼氏の心得

キャバ嬢の彼氏としてやってはいけないこと 10カ条!

タイトルとURLをコピーしました